close
桐書房ニュース
  
◇『改訂版 ナーシングアプローチ 難病看護の基礎と実践』が
「看護実践の科学」2017年4月号に掲載されました。


【掲載記事より抜粋】
本書は副題にもあるように、すべての看護の原点ともなる難病看護の基礎と実践を、難病とは何かからその歴史・難病法の概念などまで網羅した体系的なテキストとして編まれています。
〈中略〉
2015年、難病法が施行され難病対策は重要な課題でもあります。難病看護の基礎と実践を学ぶための書として一読をお薦めいたします。

  
◇『改訂版 ナーシングアプローチ 難病看護の基礎と実践』が「ベストナース」2017年3月号に掲載されました。

【掲載記事より】
2015年の難病法施行で難病を取り巻く医療環境が変化する中、難病の概念・歴史、難病法の概要を基礎から説く改訂版。対象や疾病・治療の理解、看護実践、地域保健まで、療養行程を通して支援のあり方を普遍的に記しています。難病看護の実践者には日々の実践を振り返り自らの看護を意味づけることに役立ち、認定難病看護師を目指す人のテキストとしても有用です。

  
◇『改訂版 ナーシング・アプローチ 難病看護の基礎と実践』が「訪問看護と介護」2017年1月号に掲載されました。

【掲載記事より】
2015年の「難病の患者に対する医療等に関する法律」施行により、難病看護は変化の時期を迎えている。本書は、わが国の難病の概念と歴史、疾病の理解と治療、看護実践、地域保健までを視野に難病看護の知識を体系立てて解説。病院・施設療養から在宅療養に至るまで、難病看護に必要不可欠な知識と技能について詳述する。

  
◇『看護職のための英会話1000』が「看護実践の化学」2017年1月号に掲載されました。

【掲載記事より抜粋】
本書は日本に居住する多くの外国人が安心して医療・看護を受けられるように編まれた書です。【中略】また、日本と外国の習慣の違いを知るコラムが随時挿入されています。看護の現場ですぐ役に立つ会話が場面ごとに分類されており、外国人患者さんとのコミュニケーションを図るガイドとしても、本書をおすすめします。

  
◇『ハピネスマネジメント』が2016年11月16日付の中国新聞に掲載されました。

【著者のメッセージ】
◇人は、予期しない出来事から学ぶことができる。
  すると、出来事の意味は変わってくる。
◇幸せを追いかけるとスルリと逃げる。感じて下さい。

  
◇『看護職のための英会話1000』が「月刊ナーシング」10月号に掲載されました。

【掲載記事より】
留学や就業による在留外国人や訪日外国人観光客が増加し、医療現場でも国際化への対応が求められている。本書では看護の現場での具体的な場面を想定した1000を超す例文を掲載。付属CDとともに今すぐ使える看護英語を学ぶ教材として活用できる。さらに、文化的背景や医療システムの違いをコラムで紹介するなど、外国人患者が安心して医療を受けられる現場作りのために必携だ。

  
◇『看護職のための英会話1000』が「プチナース」10月号に掲載されました。

【掲載記事より】
外国人患者にできるだけスムーズに医療・看護を提供できるよう、病院で最低限必要な英会話がまとめられています。基本的なあいさつから診療各科ごとの会話や病棟での会話など、この本をそのまま見せても通じるように工夫されています。また、日本と外国との価値観の違いについても解説されています。

  
◇『看護職のための英会話1000』が「ベストナース」2016年9月号に掲載されました。

【掲載記事より】
看護現場で役立つ1000以上の英会話例文を掲載。挨拶や患者によく使う表現を「基本会話編」に、患者が初めて外来に来た時から入院手続き、救急外来までを「場面別会話編・外来」に、入院患者を迎える時から転院・退院までを「場面別会話編・病棟」に、各場面別にまとめています。本文の英会話は全てネイティブスピーカーの音声で付属CDに収録され、耳からも学べます。

 
close