■季刊 現代と教育・バックナンバー

季刊・現代と教育 Vol.82

現代と教育82
地域民主教育全国交流研究会編集

【特集】「生きにくさ」を突破する教育作法

本書の目次、内容紹介は左のボタンからご覧頂けます。

定価(本体1200円+税)  ISBN978-4-87647-780-7    ご注文は、こちら   

季刊・現代と教育 Vol.78

現代と教育81
地域民主教育全国交流研究会編集

【特集】若い教職員の「生きにくさ」を問い直す
インタビュー
/中沢正夫●“うつ”克服への視線を、孤独な忍耐から、ソーシャル・
キャピタルの絆に    
谷口誠二●精神安定剤を服用しながら退職まであと3年
川嶋康利●自殺教師の裁判から考える――新任教師への支援のあり方
稲田あおい●もがき、苦しんで築いた生徒との絆
富田充保●若い教師の苦悩はなぜ生じるのか
木村芳江●新任2年目の担任を支えた保護者の見方

定価(本体1200円+税)  ISBN978−4−87647−774−6    ご注文は、こちら   

季刊・現代と教育 Vol.78

現代と教育80
地域民主教育全国交流研究会編集

【特集】一人でかかえこまないで !!
     子どもと若者のセーフティネット

湯浅誠●貧困格差から見えてくるもの
三輪定宣●子ども・若者の「生きづらさ」と希望を拓く無償教育の前進
佐藤洋作●総合的で継続的な子ども・若者支援
菊池 恒・山本知子●不登校相談窓口の情報冊子制作記
宮島 基●若者の困難の複雑性と、支えになったネットワーク
井上宗子●教師と親が本音で語れる場をつくろう!
金森俊朗●「生きづらさ」を共有して、共に歩む教育実践をつくるために

定価(本体1200円+税)  ISBN978−4−87647−764−7    ご注文は、こちら   

季刊・現代と教育 Vol.78

現代と教育79
地域民主教育全国交流研究会編集

【特集】「生きづらさ」のなかで希望をつかむ
インタビュー/乾彰夫●若者はなぜ職場をすぐに去るのか
田中孝彦●子どもの自己の育ちを支える
安原昭二●生きづらさのなかに、必ず希望はある
山之内義一郎●一点を押せば、みんなふっ立つ
座談会/不登校経験者が語る 学校に行かない理由 学校に戻るきっかけ
境野健兒●共に生きるつながりと育ち合い
渡辺顕治●青年の職業的自立を育てる

定価(本体1200円+税)  ISBN978−4−87647−759−3    ご注文は、こちら   

季刊・現代と教育 Vol.78

現代と教育78
地域民主教育全国交流研究会編集
 
【特集】子ども・若者の「生きづらさ」をどうつかむか
○構造改革時代を生きる―子ども・若者の現在/中西新太郎
○現代の子どもをめぐって「リスク教育学」の観点から/坂元忠芳
○いのちをはぐくむ場所づくり/遠山信子
○学校に行かない3人のこどもが教えてくれたこと/鳥羽 惠
○困難校で取り組む教育的指導への転換/里野 修
○綴り・交わり・つながる中で子どもをとらえ直す/若月雅英
インタビュー】家庭と学校をつなぐ窓口―学校で福祉のプロが子どもを支えるスクールソーシャルワーク/内田宏明


定価(本体1200円+税)  ISBN978−4−87647−750−0    ご注文は、こちら   


季刊・現代と教育 Vol.77

現代と教育77
地域民主教育全国交流研究会編集
 
特集●不安な時代を生きぬく「学力」と学び方
<座談>“金八先生”たちのこだわりと希望―清水有生・岩辺泰吏
○「基礎・基本の徹底」と「学力テスト」との《複合》で授業はどこへ行き着くのか―今泉 博
○学力を語る前に求められていること―井上宗子
○「なぜ」「どうして」の刺激が学ぶ喜び「考える力」を育む―上田 華
○親が子どもに期待する学力と大人として考えたいこと―池田輝子
○<座談会>生きる力をどう育むか――美容会社サントロペの場合―井沢秀年ほか
○人間を捉える土台を作ってくれた看護学校での学び―井藤三和

定価(本体1200円+税)  ISBN978−4−87647−741−8    ご注文は、こちら   

トップへ